彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

チタン印鑑

皆様ご無沙汰しております、斎藤です。

今日は彫銀新商品家紋入りチタン印鑑のご紹介です。
印鑑と言えば・・・オーダーメイドの最たるモノ
ましてご自分の家紋入りとなれば・・・・究極のオーダーメイドかもしれません。

f0185403_14473352.gif



チタンは宇宙工学にも使われる先進の超金属
鋼鉄以上の強度を持つなど大変強い物質である一方、質量は鋼鉄の約45%と非常に軽く
優れた強度・耐久性・耐食性を持ち合わせた究極の素材です。

近年では産業用以外にも、アクセサリーや腕時計などにも多用される様になってきました。
チタンは超微粒子なため印章材としても最適で、
象牙や水牛角などと違い捺印時の滲みが少ないため、高級印鑑素材として脚光を浴びています。


f0185403_14474522.gif



印鑑に一番必要なものは何でしょうか?
もちろん、優れた唯一無二の文字デザインは基より、綺麗に押せて、しかも長く使えることです。
そのためには印材の耐久性があり、
印面の平面精度および朱肉詰まり起こさない深い彫刻が絶対条件となります。


彫銀の母体である斎藤彫刻は
かつて江戸時代に刀の鐔(つば)を造った匠の技を用いて様々な精密彫刻分野に進出して参りました。
その一つが刻印(鋼の印)の製作です。

刻印とは言わば金属に打刻する印鑑を意味し、ブランドマークや材質表示、スペックなどが、
あらゆる金属工業製品や貴金属製品などに打刻されています。
印刷と違い、半永久的な印字が求められるためその印面は千分の数ミリ単位の平面精度と、
より深い彫刻技術が要求されます。

90年の長きに渡り、国内外有名ブランドの刻印を製作し続けてきた斎藤彫刻は、
今や日本トップクラスのシェアを占めています。

彫銀のチタン印鑑はその刻印で培った精密彫刻技術を基に、開発した逸品です。(彫刻深さは業界随一)


印鑑を押す・・・認め印、銀行印、実印・・・自分である証明として印鑑を押す。

言わば印鑑は自己のアイデンティティを確立するために無くてはならない道具。

社会人なら誰でも持っている印鑑・・・だからこそ拘りを持ちたいものです。

自分の証(あかし)である印鑑にも拘りを・・・

印鑑上端に彫刻された守護梵字や家紋が貴方だけのオリジナリティ溢れる証をお届けします

[PR]
by horigin | 2009-04-03 14:35 | オーダーメイド

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite