彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

富士山

こんにちは、彫銀の田所です。

今日は満月ですね。

『2005.7/21 山羊座から水瓶座に変わる満月、今日ののムーンダイアリィ。
「意見の違う人々を受け入れる態度を示せ」
水瓶座の月の日のテーマは、人間観察&相互理解。感情的になってはいけない。』

ということで、平和にまたぁりと、月を楽しもうと思います。


去年の夏、僕は富士山会いたい病でした汗
ことあるごとに富士を観に行き(夏だけで四回!)、そのパワーをいただきました。

その甲斐あってか??? 今年、富士五合目で行われる「Sunrise of Compassion/思いやりのご来光」で、富士山にて奉納演奏することがきまりました!! とても興奮しています。

天川神社の宮司さんのありがたい祝詞や、御護摩のなかで自分が演奏できるなんて夢のようです。どんなご来光が見えるでしょうね。
思いやりのご来光は毎年おこなわれていて、この画像は2002年の様子です。この時は、チベットからお坊さんがいらっしゃったみたいです。

帰ってきたら、またレポートしますね。
img20050721.jpg

[PR]
by horigin | 2005-07-21 19:21 | 音楽

日光

皆さんこんにちは!彫銀の鈴木です。
もう梅雨も明けいよいよ本格的な夏となりました!

今回のブログは、日光について書き込む事にしました。

僕は去年の丁度この時期に日光へ旅行に行ってまいりました。

日光には、小学生の頃修学旅行で行ったのですが
随分昔の事なので、あまりしっかりとした記憶がなかったもので....
今度はしっかりと記憶に残そうと、デジタルカメラで写真をとってまいりましたので
こちらの紹介をさせていただきます。

img20050719_1.jpg
こちらは日光東照宮の敷地内にある山門ですねっ!
とっても立派な山門でした。
又、自然も豊かで空気もとてもきれいでしたっ。
やはり僕の住んでるところとは全然違います...。

img20050719.jpg
この写真はこれもまた違う山門の近くから撮影したものです。
宗教建築と自然の共存に感動した僕はついこんな事をしてしまいました.... 。

やっぱり自然の多い場所はいいですねーっ。
今年も何処か行けたらいいなあーと思っています今日この頃です。

では今日はこのへんで。
それでは、またこの様な書き込みさせていただきますので
よろしくどうぞびっくり
[PR]
by horigin | 2005-07-19 16:03

目指せ!健康体

こんにちは!小林です。

しかしまぁ、昨日、一昨日と暑いですね。
ほんと、夏はもうすぐそこまで来てますね!

それでこの時期街を歩いてるとよく見かけるのが
「冷やし中華 始めました」の文字。



そこで「冷やし中華 始めました」の真似をして
ぼくも始めました!


すばり


「禁煙 始めました」




過去に3度ほど禁煙にチャレンジしたことがありましたが
どれも長続きせず、最長3日。最短20時間・・・困った


でも今回はこうやって皆様に宣言することによって
自分にプレッシャーを与えているので、大丈夫かな!?と思っています。



最近始めたジョギングと禁煙を持続出来れば
かなり健康体になれるのではないかと自分に期待しております。


やめたい思っていてもなかなか止められなかったタバコ。
今回はちゃんとお別れ出来るように頑張ります!



P・S

「タバコ買ったつもり貯金」も始めました!
[PR]
by horigin | 2005-07-11 13:34 | 健康

比叡山その1

img20050704_1.jpg皆様こんにちは斎藤です。

今回は天台密教の聖地「比叡山」の魅力に迫ります。
比叡山と言いますと何といっても千日回峰行で有名ですね!
2003年9月に藤波さんという修行僧がめでたく1000日の回峰行を満行し、47人目の大阿闍梨となりました。

「千日回峰行」とは
草木も眠る丑三つ時、裂ぱくの気合いで九字の真言「臨兵闘者皆陣列在前」を唱え己の煩悩を打ち払い、比叡の山中を走る抜ける修行です。
一晩に30km~60kmを7年かけて1000日走ります。
クライマックスは5年目に行う堂入り(9日間の断食、断水、不眠、不臥)という修行で
堂に篭りひたすら不動明王に祈りを捧げ、一体となるべく真言を唱え続けます。
過去、千数百年の間に何人もの行者が命を落としている荒行中の荒行です。

ちなみに藤波さんは私と同じ歳で、サラリーマンを経験した後仏門に入り、ひたすら修行を重ねて偉業達成となりました。
藤波さんは現在も比叡山において厳しい修行を行いながら不動明王の生まれ変わりとされる大阿闍梨として人々の尊敬を集めています。

世間の垢を経験してから修行僧としてひたすらストイックに仏の教えを実践してきた
藤波さん・・・・・素晴らしい偉業だと思います。見習いたいモノですね
レイモンドチャンドラーの有名な一節
「男はタフでなければ生きられない、やさしくなければ生きている資格が無い」
を彷彿させるまさにハードボイルドな生き様です。

私は昨年訪れましたが
良いですよ・・・・まさに静寂という言葉がぴったりの山寺です。
特に中心にある「根本中堂」薄暗い中に千数百年絶やす事無く灯し続ける「不滅の法灯」
静寂な中に修行僧の読経だけが静かに響く・・・・・・

img20050704.jpg皆様も機会がございましたら是非お出かけください。
[PR]
by horigin | 2005-07-04 16:15 | 密教

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite