彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

阿波の里にて

彫銀の田所です。

先日、お休みをいただいて実家の四国徳島へ帰省してきました。飛行機
何も言わなくてもごはんやお茶が出てくる極楽気分な実家での生活を満喫してまいりました。

折角の休みということで健康診断もうけてきたのですが、中性脂肪、コレステロール、肝臓、血糖値などすべて正常 ということでひと安心。来年も健康で生きたいです。

今回、帰省した大きな理由として、真言宗現福寺への訪問が目的としてありました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~choku/link.htm



img20051225.jpg


現福寺の本尊は薬師如来です。梵字はベイ。
安楽をつかさどり、徳島の伝統芸能である「人形浄瑠璃」は、薬師如来の申し子である浄瑠璃姫と牛若丸の恋を描いた「浄瑠璃御前物語」がルーツです。本

(詳しく物語を知りたいかたはこちら→http://www.ffortune.net/calen/lovestar/joruri.htm)

日本でも数少ない薬師如来の像があるこのお寺。のどかな徳島の田んぼの中にありました。
迎えてくれたチョークー住職は超ファンキーな帽子にジーパン姿で「ようきたな!!はよ上がり!!」とハイテンションでした。ロケット

本堂に上がると!! 壁にはモンゴルの衣装が展示。いたるところに民族楽器。タイパンツやお香、インドのお茶も片隅で販売してて。。。。 なんとも不思議な空間でした。

現福寺は通称「倍音寺」として地元では有名です。
チョークー住職はモンゴル伝統歌唱法「ホーメイ」の使い手で、本堂で月イチでLIVEやってる民俗音楽家なんですよ。(ホーメイっていうのは、頭蓋骨を共鳴させることで同時に二種類の声を口から出す技術です。最近ではユニクロのCMでおなじみですね。 僕も少しですが出すことができます。)

img20051225_1.jpg


チョークーさんは教えについて著書を出すほど高名でありながら、優れたミュージシャンなんですね。すんごい!



で、そんなチョークーさんのLIVE時の晴れ姿が。。。。。。。。。。。これ!カエル




img20051225_2.jpg

いいでしょ?いやいやチョークーさんはイロモノではないですよっ(汗)
ホーメイの特殊な歌唱法を駆使して、童謡や江戸時代の長唄などを演奏し、お年寄りや子供さんを喜ばせてあげてるのです。

ホーメイ含め、民族音楽は全国的にまだまだマイナー。でも、その地方の生活に密着した「民謡」のようなものなのです。 民族音楽は僕らが忘れていた素朴なエネルギーを思い出させてくれます。 もちろん密教含め宗教ともリンクしています。

ぼくの音楽が小学校の授業に使われたことがあるのですが、アフリカやオーストラリア先住民の楽器を使った僕らの音楽を聴いた子供たちの反応は、予想を大きく越えるものでしたよ。もし機会があったら触れてみてくださいね。



img20051225_3.jpg
[PR]
by horigin | 2005-12-25 18:38

韓流パワー2

ということで、次は韓国料理のご紹介です。
韓国料理と言うと・・・何と言っても焼肉が有名ですが、
今回は現地の知人に韓国庶民料理の店に連れて行ってもらいました。


まずは南大門(ナムデムン)市場の中のうどん屋から
手打ちうどんです。
img20051213.jpg

野菜と卵の素朴なうどんですが、肉の出汁が聞いていてバカ美味でした笑顔
日本円で300円ぐらいです。


おなじく南大門の居酒屋で
店頭に調理台があり、出来立ての料理が並んでいて屋台風
まさにオモニ(お袋)の味でした。
img20051213_2.jpg

豆腐チゲと腸詰め、蒸したホルモン、ナムル、キムチ・・・・・・
img20051213_1.jpg

腸詰めは中国にもありますが中は肉でなく牛の血を混ぜた米を入れて茹でたもの
そして豆腐チゲ・・・・・うどんと同じく出汁が利いていて最高ハート
韓国ではキムチとカクテキは突き出しと一緒で頼まなくても必ず付いてきます。
腹いっぱい飲んで食べて・・・何と一人1,500円ぐらいびっくり


そして明洞(ミョンドン)の繁華街からは
有名な参鶏湯(サンゲタン)です。
img20051213_3.jpg

これは若鶏の腹の中に餅米と朝鮮人参、栗、ニンニクなどを詰め込み
スープで煮込んだ料理です。
もともとは韓国宮廷料理の一つでしたが
今は韓国庶民の昼食としてポピュラーな存在です。
これも大感激の美味さでした笑い

皆様も機会があったら、ぜひ訪れてみてください。
[PR]
by horigin | 2005-12-13 20:43 |

韓流パワー1

皆様こんにちは、彫銀の斎藤です。

めっきり寒くなりました、いよいよ冬本番ですね!
私、先週3日間ほど出張で韓国へ行ってまいりました。
十数年ぶり、2度目の訪問でしたが
やはり・・・・・かなり変わっていましたね!

実は韓国はアクセサリー造りが盛んな国でして、メーカーもたくさんあり、
日本の量産ブランドの大半は韓国製といっても過言ではありません。
今回は彫銀とは関係なく、本社の仕事の打ち合わせで参りました。

寒いとは聞いていましたが、
夜半にソウルの金浦空港に降り立った時、あまりの寒さに驚きました。困った
なんとマイナス10度・・・・・東京育ちの私には久々の極寒でした。
でも韓国の人たちは以外と薄着なんですよ!
やっぱりキムチパワーのおかげでしょうか・・・太陽


明洞(ミョンドン)はソウルの中心部、
ブティックが立ち並び、お洒落な若者たちが集まるところです。
東京で言う渋谷と原宿を足して二で割った様な感じでしょうか・・・・
img20051212_3.jpg



明洞(ミョンドン)と対照的なのが、南大門(ナムデムン)市場
img20051212_4.jpg
生活用品から衣料、食料まで何でも揃う巨大な市場です。
よく外国へ行ったら市場を見ろ・・・と申しますが、
下町の雰囲気と圧倒的な商人パワーが活気をもたらし一見の価値ありです。


市場と言えば・・・・
忘れてならないのがソウルのもう一つの巨大市場
東大門(トンデムシジャン)市場です。
img20051214.jpg

こちらは巨大なショッピングビルが何棟も建っており
小売業者が仕入れに来るため
夜9時ごろから営業を開始し、明け方までやっています。
まさに不夜城です。
もちろん、一般客も購入できますよ音符
[PR]
by horigin | 2005-12-12 16:14 |

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite