彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

はじめまして~w

みなさん初めまして
彫銀工房STAFFの岡本と申します
彫銀ブログなら工房STAFFも書き込みしても良いでしょ?
って感じで書き込みの許可をいただいちゃいました
早速ですが、
簡単な自己紹介をさせていただきます

彫銀工房STAFFの岡本 明久です
彫銀工房内のムードメーカー&トラブルメーカーですw(自分で言うか
アットホームな彫銀工房の中の一員です

趣味は物つくりとパソコンです
物を作るのが好きで早めに会社に来て色々作ったり
お昼休みに色々私物っぽいものを作っちゃったりしてます

私物っぽい物でも御眼鏡にかなって彫銀製品になったものがあるという秘話が
あるのですよ
どれが私が私物で作ったものが採用されたかは彫銀のサイトを見て探してみてください

だからといって他の人がデザインした物がおかしいとかじゃないですよ?
誰がデザインしても彫銀工房の職人がひとつひとつ手作りで彫刻をほどこして
ひとつづつ手作業で仕上げていくので一つ一つが私の息子や娘のような気持ちで
丁寧に作り続けています。
カップルの方でご注文いただいた場合は
「幸せになれよ~」
「別れるんじゃないぞ~」
って念を込めながらやっているのですよ
実際のところうまくいってくれてると信じることしかできませんが
せっかくこの世に一つしかない物を作って皆さんのもとへお届けするのですから、お届けした皆さんに感動と幸せをお届けできればと日々思いながら仕事をしております

ここまでお読みくださって気づかれると思いますが
【職人ってもっと堅苦しいものじゃないの?】
って疑問をもたれちゃうかも知れないのですが
彫銀工房きってのムードメーカーなので周りを面白おかしくすることが大好きなのですよ

仕事中は真面目真面目ですけど
仕事の休憩時間はみんなで笑っていたりなどして和んでるんです

彫銀の商品を近くで見ていただくとわかると思いますが、
金属を鋭利な刃物で切削していくわけですが。
太い刃物は誰でも作れるのですが、
彫銀工房では職人が各々彫刻するための刃物を作っているのですが、
その細かさといったらすごいものですよ
職人が研ぎだした
刃物の先端の太さは
0.05mm~0.1mm
の刃物を使用しているんですよ
大きさにぴんとこない数字ですよね?

平均的になりますが人間の髪の毛の太さが
0.07mmです。
だから
髪の毛並みの細い刃物で金属を切っているということになるんですよ

彫銀の製品は私を初め彫銀工房の職人一同、心を込めておつくりしています

挨拶のつもりで短く済ませようとしたらこんなに長くなっちゃいました 汗汗
これから私も定期的に(目標は毎日更新)書き込みをさせていただきたいと思いますので
これからも彫銀をあたたかく見守ってください
[PR]
by horigin | 2006-06-10 22:58 | 彫銀のこと

阿弥陀如来

皆様こんばんわ!彫銀の鈴木です。

今回は僕の守護仏でもある
「阿弥陀如来(キリーク)」についてお話を致します。

この「阿弥陀如来」
きっと一度は聞いた事のある名前かと思われます。

とても有名なこの仏様、
実際に様々なお寺のご本尊になっています。

特に有名な場所を挙げますと、
鎌倉の長谷にあります「高徳院」です。

そう、通称「鎌倉の大仏」です。
実はあの大きな坐像は「阿弥陀如来」だったのです。

また、十円玉にもなっている
宇治の「平等院鳳凰堂」のご本尊も
この「阿弥陀如来」です。

名前の由来は
インドで「アミターユス」「アミターバ」と
呼ばれていたものが「アミダ(阿弥陀)」となったのです。
意味は「アミターユス」が「無量寿」
「アミターバ」が「無量光」と訳されます。

また、密教の世界では
「阿弥陀護摩」と言って
身の回りの災難を取り除き延命を願う、
加持祈祷というものがあります月

そしてお経としてとても有名なフレーズの
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿...」も
勿論この「阿弥陀如来」を表した
浄土真宗では最重要なお経です星

...と今回は仏教の世界で
大変有名な「阿弥陀如来」のご紹介をさせて頂きました。


ちなみに僕は昨年、今年と二年続けて
鎌倉の「大佛様」を見てきました走る

何度見てもあの大きさには驚愕してしまいます...。

皆様も機会がございましたら
是非、あの大きな「阿弥如来」をご覧になってみて下さいびっくり
[PR]
by horigin | 2006-06-08 19:07 | 密教

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite