彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

長曾我部氏 家紋は七ツ片喰

長曾我部氏 家紋は七ツ片喰

f0185403_1610223.jpg

先月、とある日曜日、夕刻、外出先から戻りテレビを付けると時代的なアニメを
放映しており、
朱い鎧を纏ったやたらめったら強くてデカイ、丸腰の男と
碇と槍を足したような武器を持ったヤサ男風の男が闘っている光景…。

しばらく観ていると、
どうやら、ヤサ男の方が劣勢らしい…

普通、漫画だとヤサ男が劣勢から逆転して勝ちそうですが、
そういう感じではない…

気になって、台詞に出てきた名前からネットで調べてみると、
『戦国バサラ2』とらで、元々ゲームから始まった物とか…(ゲームといえば、二
世代前PCでBF2やるくらいですから私が知るワケもなく)

朱い鎧の方が秀吉で、ヤサ男が長曽我部元親のようですね。
長曽我部元親については、四国地元の方には申し訳ありませんが、あまりよくし
りませんでしたのでざっくりですが調べてみました。
(関連書籍も沢山ありますね)

長曾我部氏は、元親(もとちか)の時代に、元親は1575年に土佐統一。
1584年、四国を統一。
翌年、長曽我部氏は、豊臣秀吉の『四国征伐』により降伏し、
配下の大名となり、朝鮮出兵にも参加する。

元親自身は、1599年、六十一歳で生涯を閉じる。
その後の長曽我部家は、関ケ原の合戦において、徳川方(東軍)につこうとした
が、密書が届かず、西軍に組することになる。
大阪冬の陣、夏の陣と、豊臣方として参戦するが、大阪城陥落とともに駿河に落
ち延びる
[PR]
by horigin | 2010-09-17 16:15 | 職人の思考と嗜好

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite