人気ブログランキング |

彫銀BLOG

horigin.exblog.jp ブログトップ

タグ:稲妻菱 ( 1 ) タグの人気記事

柴又帝釈天

柴又帝釈天
 べったら市の続きネタですいません…べったら市へ行った同日、葛飾柴又の帝釈
天にも立ち寄ったのですが、長くなるので分けて載せることにしました。

説明無用の『男はつらいよ』”フーテンの寅さん”の舞台となった場所ですよね。

参道は、昔に比べ、少し華やかになった気がします。どこがどう変わったかはわからないですが、小綺麗になったのでしょうか。
f0185403_19274076.jpg

”キンウン”なるグッズが売られたりしてるのがスゴク気になりましたが、足を
止めると長いので次へ…
f0185403_19255876.jpg

赤提灯をぶら下げた参道の門?が見えてきました。
その右手下に寅さんの歌の頭の台詞を彫った石碑があります。
                    しかし、平日にしてはなかなかの人出ですね。

 こちらの名物といえば、草団子、鰻、あと、たんきり飴。その他にお煎餅屋さん
、仏具屋さん、普通にお土産屋さんが軒を連ねています。
ちなみに、お煎餅は一枚50円でした。
べったら市で七味唐辛子を買い忘れてしまったので袋入りの七味と唐辛子ふりか
けを購入~。

辛い物は、御徒町の韓国の人達に鍛え
られたので、辛みを切らすと何か一味足りないので…。(さすがに一味はドカドカとは入れないです)

川千屋さんの二階では、ドラマのロケかわからないですが、屋根の上から座敷に
向けて2灯ライトが設営されており、
向かい一階でスタッフのADさん二人がかなり疲れた顔で警備の棒を振っていまし
た。
                           裏方さんは大変です…

一時、大道具の仕事に就こうかと考えた時期もあったのを思いだしました…
そんなことを考えつつ、
ちょこちょこと店をのぞき見しながら歩いていると山門(二天門)が見えてきました。
f0185403_19292027.jpg

こちらの彫刻のみごとなことっ!
狛犬とか唐獅子が好きなのですが、今回は、天女とハトです。
f0185403_19403710.jpg


左手には、寺男役の蛾次郎さんがついていた鐘楼…
f0185403_19411864.jpg


 こんなシーンがあったか確信ないですが、
寅さん(渥美清さん)と源公(佐藤蛾次郎さん)がふざけて鐘をつき、その音を
聞いた和尚様(笠智衆さん)が「なっとらん」と言っていたような…(やっぱり、なかったかな…スンマセンただの妄想かもしれないです)
f0185403_1934105.jpg

正面の帝釈堂画像です。
法華経説話を元にした彫刻が有名ですね。
二天門同様、この銅板ぶきの緑青の色具合がなんとも~。手前の”瑞龍の松”の
葉の緑と同系色だからでしょうか…なんか落ち着くのです。
緑青は仕事柄、天敵ですけど…
f0185403_19422996.jpg

ズームアップしてみると、 鳳凰の彫刻
う~ん、鳳凰ってまだ作った事なかったですね… 馬とか鳥 猫 天使、女神とかは
、なんども作ったコトありますが、作ってないモノってたくさんあるものですね
(そういえば唐獅子も…)

で、お約束の家紋です
f0185403_1945269.jpg

”稲妻菱”というらしいです。
一説によるとこれは”逆稲妻菱”という人もいま
すが、建立にまつわる書物を調べてみないとちょっと今のところどちらとも断定できないですね (また宿題です…)
近場でもまだ歩いた事のない所、町をこれからもヒマを見つけて歩いてみようかと思います。
 (東京タワーすら行ったコトない…)

最後に一枚
f0185403_19472213.jpg


                                                 ではまた。
by horigin | 2008-11-12 19:54 | 職人の思考と嗜好

彫銀スタッフによるブログです。


by horigin
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite